仮想通貨は、上がった時は嬉しいですが、下がった時はストレスが溜まっていきますよね。
「せっかく本業で稼いだお金を投資したのに…」と、やめたくなってしまうかもしれません。
今回は、そんな方に向けて、「仮想通貨でストレスが溜まっている人のための対処法」をいくつか解説します。

まず1つ目の対処法ですが、「仮想通貨から離れてみる」です。
おそらく、皆さんはほぼ毎日仮想通貨のことを考えているのではないでしょうか?
1日だけでも良いので、仮想通貨のことは見聞きしないようにしてみてください。
そうすると、頭がスッキリしてくると思います。

2つ目の対処法は、「仮想通貨と真剣に向き合う」です。
1つ目の対処法と矛盾しているように見えるかもしれませんが、このどちらの対処法が適切かは人によります。
ただ、一つ大切な部分があります。それは、「真剣に向き合う」ということです。
中途半端に向き合うのではありません。
「真剣」という言葉は、真剣勝負から来ています。
「真剣の勝負」は命がけの勝負ですよね。負けたら切られ、勝ったら切る。シンプルながら、恐ろしい勝負でもあります。

なので、なんとなく「あー暴落した」と思うのではなく、なぜ暴落したのか。どうすればこれを改善できるのかを考えていきましょう。

3つ目の対処法は、「情報収集をする」です。
なぜ負けたのかを考える上で大切なのは「情報」です。
適切で、正しい情報を収集していきましょう。
多くの専門家達が、たくさんの解説していると思います。
負けた理由を、より論理的に、正確に認識し、感情的な処理をしてはいけません。

また、特別負けたわけではなく、だけどなんかストレスが溜まっている場合についても解説します。
この場合は、「仮想通貨自体にストレスを溜めている」のではないでしょうか。
そんな時も、「仮想通貨で成功した人の情報」を収集することで、モチベーションを取り戻しやすいです。

4つ目の対処法は、「目標を思い起こす」です。
皆さんは、仮想通貨を始めた何らかのキッカケはあるでしょうか?
「なんとなく始めた」という人もいれば、「脱サラしたいから始めた」とか「起業の資金を集めたいから始めた」「高級車を買いたいから始めた」等、様々な「目標」があると思います。
そんな目標を思い起こしてみてください。
本当に、今の一時的な感情で投げ出しても良いのでしょうか?
ストレスは溜まっているかもしれませんし、辛いかもしれませんが
それでもやり続ける価値はあるのではないでしょうか?

今回は、仮想通貨でストレスを溜めている人のための対処法を解説しました。
参考になれば幸いです。