プログラミングか転売の副業始めよう

プログラミングのメリットはいくつか挙げられるのですが、やはり「一生のスキルになる」という所だと思います。
プログラミングは、今後10年、20年と需要が高まり続ける事は、おそらく間違いありません。

仮にAIが来たとしても、代替される可能性は極めて低いと言えるでしょう。
そのため、単純に副業の一種としてだけではなく、本当に一生涯役に立つスキルを身につける事が出来ます。
もしかしたら、本業がプログラマーとかになるかもしれません。

他にもメリットはありますよ。
それだけの需要が高いスキルというだけあって、やはり収入も高いです。
一般的なネット副業だと月1万~5万くらいが平均だとは思いますが、プログラミングを利用すれば月10万~20万は副業でも全然稼げる額になります。
凄いですよね、本業の収入と大差ないという方もいるのではないでしょうか。

次に、転売ですね。
転売のメリットもいくつか挙げられます。ですが、最もプログラミングとは違い、特徴的なのは「簡単」という事でしょう。

転売は非常に簡単です。プログラミングは「一生涯役に立つスキル」と書きましたが、転売はほとんどスキルを必要としません。
なぜなら、少し考えてみれば分かるのですが、「安く仕入れて高く売る」というのが転売です。

安く仕入れるってスキルが必要ですかね?基本的には、慣れでなんとかなる範疇ですよね。
そして、高く売るのも包装とかが出来れば良いだけなので、スキルというほどではありません。
そのため、転売はとにかく簡単で、すぐに始められます。
スキル習得の勉強時間を割く必要がないのですね。

他にもメリットはあります。
「簡単に初められる」という特徴がある一方で、難易度を上げる事で、より高い収入の確保が可能になります。

副業であっても、1ヶ月100万とかの収益を出せる可能性さえあるのです。
では、プログラミングと転売はどちらがおすすめなのでしょうか?
まず、転売にも少しデメリットがあり、「確実に儲かる」というわけではないのです。

そのため、確実に副業としての収入を担保していきたいという方であれば、プログラミングの方がおすすめです。
一方で、「今すぐに稼げるようになりたい」という方は、転売の方が魅力的だと思います。

SNSでもご購読できます。